top of page

【誰でもわかる!】ペネトレーションテストの成功事例!企業が受けたセキュリティ脅威からどのように逃れたか?

更新日:2023年12月22日

リアルな事例から学ぶ!ペネトレーションテストが企業を守るために果たした役割とは?


【誰でもわかる!】ペネトレーションテストの成功事例!企業が受けたセキュリティ脅威からどのように逃れたか?
【誰でもわかる!】ペネトレーションテストの成功事例!企業が受けたセキュリティ脅威からどのように逃れたか?



事例紹介

ペネトレーションテストは、セキュリティを確保する上で重要な手法です。実際に企業で行われたペネトレーションテストの成功事例を紹介します。企業は、ペネトレーションテストを通じて、セキュリティの脆弱性を発見し、それに対する対策を講じることができます。



事例①:小売業企業


事例①:小売業企業
事例①:小売業企業

小売業企業では、顧客情報や支払い情報が管理されており、クレジットカード番号や住所、氏名などの情報が保存されています。ペネトレーションテストでは、Webアプリケーションに脆弱性が見つかりました。攻撃者は、この脆弱性を利用して、クレジットカード番号や住所、氏名などの個人情報を取得することができます。


ペネトレーションテストを実施することで、小売業企業は、Webアプリケーションに脆弱性があることを知ることができました。企業は、脆弱性の修正を行い、セキュリティの脆弱性を低減させることができました。




事例②:金融機関

事例②:金融機関
事例②:金融機関

金融機関では、大量の顧客情報や資産情報が管理されています。ペネトレーションテストでは、Webアプリケーションやネットワークに脆弱性が見つかりました。攻撃者は、これらの脆弱性を利用して、顧客情報や資産情報を取得することができます。


ペネトレーションテストを実施することで、金融機関は、Webアプリケーションやネットワークに脆弱性があることを知ることができました。企業は、脆弱性の修正を行い、セキュリティの脆弱性を低減させることができました。



事例③:医療機関


事例③:医療機関
事例③:医療機関

医療機関も、患者の個人情報を扱うため、セキュリティ対策が求められます。ある医療機関では、インターネットを介して院内システムにアクセスできるようになっていたため、情報漏洩のリスクが高まっていました。


ペネトレーションテストを実施することで、インターネットからの不正アクセスのリスクを把握することができました。テスト結果により、院内システムの脆弱性が明らかになり、パッチ適用や設定変更などの対策が取られました。



このように、ペネトレーションテストは、業種に関係なく、情報漏洩のリスクを低減するための有効な手段となっています。





脅威の特定

脅威の特定
脅威の特定

ペネトレーションテストにおいて、脆弱性の特定だけでなく、潜在的な脅威の特定も重要です。以下に、脅威の特定に関する方法を紹介します。


  • フィッシングメールの送信

フィッシングメールを送信することで、社員のセキュリティ意識をテストし、潜在的な脅威を特定することができます。フィッシングメールは、正規のメールと見分けがつかないように作成されているため、社員が誤ってリンクをクリックしたり、添付ファイルを開いたりする可能性があります。送信されたフィッシングメールを誰が開封したか、リンクをクリックしたか、添付ファイルを開いたかを調査することで、社員のセキュリティ意識を把握することができます。



  • ネットワーク内の不審な通信の監視

ペネトレーションテストにおいては、不審な通信の特定も重要です。ネットワーク内に不審な通信が行われている場合、それが悪意ある攻撃者によるものである可能性があります。ペネトレーションテストにおいては、不審な通信を特定し、その通信がどのような目的で行われているのかを調査することが必要です。



  • セキュリティログの分析

セキュリティログは、システム内で発生したセキュリティイベントの情報を記録するものです。セキュリティログを分析することで、不審なアクセスや攻撃の痕跡を見つけることができます。ペネトレーションテストにおいては、セキュリティログの分析を行い、不審なアクセスや攻撃の痕跡を特定することが必要です。



  • ソーシャルエンジニアリングの実施

攻撃者は、セキュリティを突破するために、ターゲットの社員に偽のメールや電話を送信し、機密情報を引き出そうとします。このような手法をソーシャルエンジニアリングと呼びます。ペネトレーションテストにおいても、社員を装った攻撃者によるソーシャルエンジニアリングの実施が行われることがあります。これにより、社員のセキュリティ意識の向上にもつながります。





ペネトレーションテストの実施

ペネトレーションテストの実施
ペネトレーションテストの実施

ペネトレーションテストを実施する際は、以下の流れで行われます。


  • システム情報の収集

ペネトレーションテストを実施する前に、ターゲットとなるシステムの情報を収集します。収集された情報は、ペネトレーションテストの対象となるシステムやアプリケーションの構成、セキュリティ対策の状況、既知の脆弱性や攻撃手法などを把握するために利用されます。


  • 脆弱性スキャン

収集された情報を基に、脆弱性スキャンを実施します。脆弱性スキャンとは、ターゲットとなるシステムに対して既知の脆弱性が存在するかどうかを調査することです。脆弱性スキャンの結果から、攻撃者がシステムに侵入するために利用できる可能性のある脆弱性が洗い出されます。


  • 脆弱性の検証

脆弱性スキャンで検出された脆弱性を実際に検証します。検証には、攻撃者が脆弱性を利用してシステムに侵入できるかどうかを確認するために、手動で攻撃を実行したり、ツールを使用して攻撃をシミュレートしたりします。



  • 攻撃の実行

脆弱性の検証が完了したら、攻撃を実行します。攻撃を実行することで、攻撃者がシステムに侵入し、機密情報を盗み出すなどの被害が発生する可能性があります。そのため、ペネトレーションテストは慎重に実施する必要があります。



  • 評価と報告

攻撃の実行が終了したら、実施した攻撃手法や結果を評価し、報告書を作成します。報告書には、システムの脆弱性や攻撃手法、発見された問題の重要度などが記載され、企業はこの報告書をもとに、セキュリティ対策の改善を行います。





脆弱性の修正

脆弱性の修正
脆弱性の修正

ペネトレーションテストによって脆弱性が発見された場合、修正が必要です。以下は、脆弱性の修正についての基本的な手順です。


  • 脆弱性の詳細の確認

まず、脆弱性の詳細を把握します。どのような脆弱性があるのか、その原因は何か、どのような影響があるのかなど、詳細に調べる必要があります。


  • 脆弱性の修正方法の検討

脆弱性の詳細を確認した後、修正方法を検討します。脆弱性の種類によっては、パッチを適用するだけで修正できる場合もありますが、脆弱性の原因を取り除くためには、ソフトウェアの設定変更やプログラムの修正が必要な場合もあります。


  • 修正作業の実施

脆弱性の修正には、修正作業を実施する必要があります。修正作業は、システムの停止時間を最小限に抑えるために、予め計画を立て、実施時期を決める必要があります。


  • テストの実施

修正作業が完了したら、改めてペネトレーションテストを実施し、脆弱性が修正されたことを確認します。テストに合格した場合は、システムを稼働させます。



脆弱性の修正は、ペネトレーションテストの重要な成果の1つです。脆弱性を修正することで、セキュリティリスクを低減し、企業の情報資産を守ることができます。







対策の効果


対策の効果
対策の効果

ペネトレーションテストによる脆弱性の発見と修正を行うことで、企業はセキュリティ脅威から逃れることができます。具体的な対策の効果については以下の通りです。


  • セキュリティ脅威からの防御が強化される

ペネトレーションテストにより、システムに潜む脆弱性が発見され、修正されることで、セキュリティ脅威からの防御が強化されます。セキュリティ対策を徹底することで、社内情報やお客様のプライバシーを守り、リスクを軽減することができます。


  • 信頼関係の構築が可能になる

セキュリティ対策を徹底することで、企業の信頼性が高まります。セキュリティに関する情報を正確かつ適切に保護することで、お客様や取引先からの信頼を得ることができます。また、信頼関係が築かれることで、企業のブランド価値を高めることができます。


  • セキュリティ対策の改善が可能になる

ペネトレーションテストにより発見された脆弱性の修正や、セキュリティ対策の見直しなど、対策の改善が可能になります。また、ペネトレーションテストを定期的に実施することで、システムのセキュリティレベルを維持することができます。



ペネトレーションテストは、セキュリティ脅威からの防御と信頼関係の構築にとって非常に重要な役割を果たします。企業は、ペネトレーションテストを定期的に実施し、セキュリティ対策の改善を行うことで、セキュリティ脅威に対して適切に対処することができます。






今後の対策

今後の対策
今後の対策

今後の対策として、以下のことが必要です。


  • 定期的なペネトレーションテストの実施

定期的にペネトレーションテストを実施し、脆弱性の有無を確認し、修正を行うことが重要です。また、ペネトレーションテストの実施頻度は、業種や規模、リスクに応じて適切に設定する必要があります。


  • 社員教育の強化

社員のセキュリティ意識を高め、セキュリティポリシーの理解と実践を促すことが必要です。また、ソーシャルエンジニアリング対策なども含めたトレーニングを実施することも重要です。


  • セキュリティポリシーの改定

定期的なセキュリティポリシーの見直しを行い、最新の脅威に対応するために、ポリシーの改定を行う必要があります。また、改定したポリシーに対しては、社員に周知することが必要です。


  • セキュリティ製品の導入

最新のセキュリティ製品を導入することも重要です。たとえば、ファイアウォール、アンチウイルスソフト、脆弱性診断ツールなどを導入し、脅威からシステムを保護することができます。



以上のような対策を行うことで、企業はより高度な脅威から自社を守ることができます。しかし、脅威は日々進化しているため、常に最新の情報を収集し、適切な対策を講じることが必要です。






まとめ

ペネトレーションテストは、企業のシステムやアプリケーションなどの脆弱性を見つけ、修正するための重要な手段です。本記事では、ペネトレーションテストの概要やメリット、実施の手順や事例、そして今後の対策について解説してきました。


まず、ペネトレーションテストには、外部からの攻撃や内部からの不正アクセス、さらには社員による情報漏洩など、様々な脅威に対応するためのテストがあります。ペネトレーションテストによって発見された脆弱性を修正することで、セキュリティを強化し、重要な情報やシステムを守ることができます。


実際にペネトレーションテストを実施する際には、以下のような手順があります。

まず、脅威の特定やソーシャルエンジニアリングなどを行い、システムやアプリケーションの脆弱性を特定します。そして、脆弱性を悪用した攻撃を実施し、システムの弱点を探ります。最後に、見つかった脆弱性を修正し、再度ペネトレーションテストを行い、改めてセキュリティを確認します。


ペネトレーションテストは、企業の重要な情報を守るために必要な手段であり、多くの企業が導入しています。



ペネトレーションテストならシースリーレーヴ 


ペネトレーションテストの会社をお探しの方は、ぜひシースリーレーヴ株式会社までお問い合わせください。

シースリーレーヴ株式会社

ペネトレーションテストレポート例




弊社では、海外で活躍するホワイトハッカー集団「Nulit・ナルト」によるペネトレーションテストを60万円〜の低価格で提供可能です。


ペネトレーションテスト料金

さらに毎月定期的に侵入テストを実施したり、ホワイトハッカーのロゴをサイトに掲載したりすることで、サイバー攻撃の予防を高めることができます。


また自社でのセキュリティ対策が難しい場合は、ホワイトハッカーおよびエンジニアが開発を行うことも可能です。


これまでに大手企業様や、上場企業様など、数多くのペネトレーションテスト実績を持っております。

セキュリティ面に関するお悩みをお持ちの方は、まずはぜひ一度ご相談ください。


ペネトレーションに関するお問い合わせはこちら

ペネトレーションテスト概要資料ダウンロードはこちら




ペネトレーションテスト資料ダウンロードバナー
最新記事
bottom of page