top of page
  • Tachibana

ペネトレーションテストツール10選を徹底比較!

更新日:1月18日

1. サイバー攻撃の増加とセキュリティ対策

近年、サイバー攻撃は頻繁に報道されるようになり、その手口も日々進化しています。特に、新型ウイルスの出現やIoTデバイスの普及、クラウド技術の発展など、テクノロジーの進歩とともに、新たな脅威が増え続けています。このような状況下でのセキュリティ対策は、単なる「防ぐ」行為から「どう防ぐか」を緻密に考える必要が出てきました。ペネトレーションテストは、その中でも特に重要なツールとして注目を浴びています。


この記事は、ペネトレーションテストツールの選び方や費用、自分でやるのか?企業に依頼するのか?などの情報をご紹介します。正しいツールを選ぶことで、より確実に脅威から自組織を守ることができます。














2. ペネトレーションテストとは

ペネトレーションテスト(通称「ペンテスト」)とは、ホワイトハッカーが様々なハッキング技術やツールを使用して実際のシステムを攻撃し、セキュリティの回避や無効化を試みながら、システム内部に侵入できるかどうかをテストします。




ペネトレーションテストが選ばれる理由

ペネトレーションテストは、日々進化するサイバー攻撃を防ぐべく、常に最新のテストを行うことができます。システムやアプリケーションのセキュリティ対策が最新のものであるかを確認する手段として、攻撃者の視点でセキュリティを評価することができるペネトレーションテストを選ぶ方が増えています。



ペネトレーションテストのメリットとデメリット


メリット

  • 実際の攻撃シナリオを再現することで、リアルなセキュリティ評価ができる。

  • 既知・未知の脆弱性を発見し、リスクを具体的に評価できる。

  • セキュリティ対策の効果を確認し、必要な改善点を特定できる。


デメリット

  • テスト中にシステムの停止やデータの損失が発生する可能性がある。

  • 完璧なセキュリティを保証するものではない。

  • テスト結果の解釈や対応に専門知識が必要。



3. ペネトレーションテストツールの選び方


①ツールの種類

ペネトレーションテストツールは、大きく分けて自動化ツールと手動ツールの2つに分類されます。

  • 自動化ツール: 脆弱性のスキャンや評価を自動的に行うツール。高速で多数の脆弱性を一度に検出することができますが、誤検出の可能性もある。

  • 手動ツール: テスターが手動で操作するツール。特定のシナリオや複雑な脆弱性の検出に適しています。


②ツール選びのポイント

  1. 目的の明確化: ペネトレーションテストの目的や対象を明確にし、それに適したツールを選択することが重要です。

  2. 更新頻度: 脅威は日々変化するため、定期的に更新されるツールを選ぶことが推奨されます。

  3. コミュニティの活発さ: オープンソースのツールの場合、アクティブなコミュニティは新しい脅威に迅速に対応する指標となります。

  4. ユーザビリティ: ツールの使いやすさや学習曲線は、効率的なテストの実施に影響します。

  5. 価格: 予算に合わせて、最もコストパフォーマンスの良いツールを選ぶことが求められます。


③小規模ビジネスから大規模エンタープライズまでの適切なツールの選び方

  • 小規模ビジネス: 予算が限られているため、無料または低コストのオープンソースツールが推奨されます。また、使いやすさやサポート体制も重要な要素となります。

  • 中規模ビジネス: より多機能なツールや、一部の自動化機能を持つツールが適しています。予算も考慮しつつ、必要な機能を備えたツールを選択することが重要です。

  • 大規模エンタープライズ: 高度なセキュリティ対策が求められるため、多機能で高価なツールや、統合セキュリティソリューションを検討することが良いでしょう。


ペネトレーションテストツールの選び方〜自分でやる?会社に依頼する?〜

ペネトレーションテストを自分で行なってもいいものか?企業へ依頼するメリットは?

多くの方が悩まれる点です。

この章では自分でペネトレーションテストを実施する場合の方法とリスクや企業に依頼するメリットをご紹介します。


自分でペネトレーションテストを行う場合

  1. ツールの選択:オープンソースツール(例:Kali Linux、Metasploit)や商用ツール(例:Core Impact、Nessus)から選ぶことができます。

  2. 技術的知識:ペネテストツールを効果的に使うには、ネットワーク、プログラミング、セキュリティの知識が不可欠です。

  3. リスクと責任:自身でテストを行う場合、誤った操作がシステムに深刻な影響を与える可能性があります。


自分でペネトレーションテストを行う場合、デメリットも発生します。

  1. 限られた知識と経験:セキュリティの専門知識や経験が不足している場合、効果的なペネトレーションテストを行うことは困難です。

  2. 時間とリソースの制約:効果的なテストを行うには時間とリソースが必要ですが、これらは特に中小企業にとっては大きな負担になります。

  3. リスクの増大:不適切なペネトレーションテストは、システムに予期せぬダメージを与える可能性があります。



会社にペネトレーションテストを依頼するメリット

  1. 専門的な技術と知識:セキュリティ専門の会社は、最新の脆弱性や攻撃手法に精通しており、最適なテスト方法を提供します。

  2. 包括的なテストと詳細な報告:プロのチームは、さまざまな角度から攻撃シナリオをテストし、詳細な報告とともに具体的な改善策を提案します。

  3. リスクの軽減と法的保護:専門家に依頼することで、不適切なテストによるリスクを回避し、法的な問題からも保護されます。


ペネトレーションテストは複雑で専門的な作業であり、自分で行うには多くの課題が伴います。特に重要なシステムや大規模なネットワークを持つ組織では、専門家によるペネトレーションテストが強く推奨されます。





ペネトレーションテストを提供している会社5選をご紹介しております。ぜひご参考ください。









4. ペネトレーションテストツールの比較10選

1. Metasploit


Metasploit
Metasploit

  • 概要

    • Rapid7によって開発された、業界をリードするペネトレーションテストフレームワーク。

  • 特性

    • モジュールベースの設計: 脆弱性のスキャン、エクスプロイト、ペイロードなど、多様なモジュールを組み合わせて使用可能。

    • オープンソースと商用の2つのバージョンが提供されている。

  • 主な機能

    • 脆弱性の自動化スキャンとエクスプロイト。

    • リアルタイムでのデータベースの整合と情報の共有。

    • Webアプリケーションの脆弱性スキャンやエクスプロイト。

  • 使いどころ

    • 既知の脆弱性を持つシステムやアプリケーションの検出と攻撃。

    • セキュリティ対策の効果検証や研修。


2. Nmap


Nmap
Nmap

  • 概要 1997年に初リリースされた、古くから信頼されているネットワークスキャナ。

  • 特性

    • スクリプトエンジンを持ち、カスタムスクリプトでのスキャンが可能。

    • マルチプラットフォーム対応。

  • 主な機能

    • ポートステータスの確認やサービスのバージョン検出。

    • OSの検出やホストのアップタイム推定。

    • 応答時間やネットワークのトポロジの可視化。

  • 使いどころ

    • ネットワークの生存確認やアセットの管理。

    • セキュリティポリシーの遵守確認やセキュリティ評価。


3. Wireshark


Wireshark
Wireshark

  • 概要 グラフィカルなインターフェースを持つ、世界中で広く利用されているパケットアナライザ。

  • 特性

    • リアルタイムまたは保存されたデータの詳細な分析が可能。

    • 1,000以上のネットワークプロトコルをサポート。

  • 主な機能

    • パケットの詳細表示やフィルタリング。

    • グラフィカルなトラフィックの分析や統計情報の表示。

    • ネットワークストリームの再生やエクスポート。

  • 使いどころ

    • ネットワークの問題のトラブルシューティング。

    • 通信パターンの分析やセキュリティ調査。


4. Burp Suite


Burp Suite
Burp Suite

  • 概要 Webアプリケーションのペネトレーションテストに特化したツール。

  • 特性

    • インターセプトプロキシを持ち、リアルタイムでのリクエストとレスポンスの編集が可能。

    • オープンソースと商用の2つのバージョンが存在。

  • 主な機能

    • Webアプリケーションのスキャナ。

    • リクエストのリピーター。

    • インクルージョンやエクスクルージョンの設定。


5. OWASP ZAP (Zed Attack Proxy)


OWASP ZAP (Zed Attack Proxy)
OWASP ZAP (Zed Attack Proxy)

  • 概要 オープンソースのWebアプリケーションセキュリティスキャナ。

  • 特性

    • ユーザーフレンドリーなインターフェース。

    • OWASPコミュニティによって活発にサポートされている。

  • 主な機能

    • アクティブとパッシブのスキャンモード。

    • Webソケットのサポート。

    • アドオンやプラグインのインストールが可能。


6. SQLMap


SQLMap
SQLMap

  • 概要 SQLインジェクションの脆弱性を検出・利用するためのツール。

  • 特性

    • コマンドラインベースの操作。

    • 多くのデータベースシステムをサポート。

  • 主な機能

    • データベースの構造やデータの取得。

    • バックドアの設置やシェルの取得。


7. John the Ripper (John)


John the Ripper (John)
John the Ripper (John)

  • 概要 強力なパスワードクラックツール。

  • 特性

    • 多くのハッシュ形式をサポート。

    • 高速なクラッキング能力。

  • 主な機能

    • 総当たり攻撃や辞書攻撃。

    • ハッシュの自動検出。


8. Hydra


Hydra
Hydra

  • 概要 パスワードクラッキングツールで、多くのプロトコルをサポート。

  • 特性

    • 並列処理をサポートし、高速なクラッキングが可能。

  • 主な機能

    • SSH, FTP, HTTP, IMAP, SMB などのプロトコルに対するクラッキング。

    • グラフィカルインターフェースの提供 (Hydra-GTK)。


9. Aircrack-ng


Aircrack-ng
Aircrack-ng

  • 概要 Wi-Fiセキュリティの評価ツールスイート。

  • 特性

    • WEP および WPA/WPA2-PSK キーのクラッキングに対応。

  • 主な機能

    • パケットキャプチャとエクスポート。

    • キーのクラッキング。

    • ネットワークの監視。


10. Cobalt Strike


Cobalt Strike
Cobalt Strike

  • 概要 紅チームのオペレーションや脅威エミュレーションに特化したフレームワーク。

  • 特性

    • リアルタイムの脅威エミュレーション。

    • カスタマイズ可能なマルウェアペイロードの提供。

  • 主な機能

    • ネットワークの横展開。

    • データのエクスフィルトレーション。

    • リアルタイムのレポート生成。





5. ペネトレーションテストツールの費用相場

ツールのコスト比較

1.Metasploit

  • 無料版: Metasploit Frameworkはオープンソースで提供されており、無料で利用できます。

  • 商用版: Metasploit Proは年間ライセンスとして提供されており、価格は利用ユーザー数や機能によって異なります。


2.Nmap

  • コスト: Nmapはオープンソースソフトウェアであり、無料で利用できます。ただし、商用利用の際はライセンスに関する注意が必要です。


3.Wireshark

  • コスト: Wiresharkは無償で提供されているオープンソースソフトウェアです。商用・非商用を問わず利用できます。


4. Burp Suite

  • コスト:

    • Burp Suite Community Edition: これはBurp Suiteの無料版で、一部の基本的な機能に制限がありますが、Webアプリケーションのセキュリティテストに役立ちます。

    • Burp Suite Professional Edition: 商用版であり、一年間のライセンス料金が必要です。価格は変動することがありますが、通常、年間数百ドル程度で提供されています。このバージョンには、自動スキャナ、高度な手動テストツール、そしてその他の機能が含まれています。

    • Burp Suite Enterprise Edition: 大規模な組織や企業向けに設計されたエディションで、サーバーベースのスキャナやCI/CDの統合などの機能が含まれています。価格はユーザーやスキャンの数に応じて変動します。


5. OWASP ZAP (Zed Attack Proxy)

  • コスト:

    • OWASP ZAPは完全にオープンソースで提供されているソフトウェアです。無料で利用できます。また、OWASPコミュニティが主導しているため、サポートやアップデートも積極的に行われています。


6. SQLMap

  • コスト:

    • SQLMapはオープンソースソフトウェアであり、無料で利用できます。商用・非商用を問わず、ライセンスの制限なく使用することができます。開発はコミュニティベースで行われており、アップデートやサポートも活発です。


7. John the Ripper (John)

  • コスト:

    • John the Ripperは基本的にオープンソースで提供されています。しかし、より高度な機能を持つ「John the Ripper Pro」も存在し、これは商用版として販売されています。


8. Hydra

  • コスト:

    • Hydraはオープンソースソフトウェアであり、無料で利用できます。商用利用やコントリビューションの際はライセンスを確認することが推奨されます。


9. Aircrack-ng

  • コスト:

    • Aircrack-ngはオープンソースソフトウェアとして提供されており、無料で使用することができます。ただし、商用利用に関してはライセンスの確認が必要です。


10. Cobalt Strike

  • コスト:

    • Cobalt Strikeは商用ソフトウェアであり、ライセンス費用が発生します。価格は、利用期間やライセンスタイプに応じて変動します。具体的な価格や詳細は公式サイトで確認する必要があります。




費用と性能のバランス

ペネトレーションテストツールを選ぶ際、コストだけでなく性能や機能も重要な選択基準となります。無料のツールも多数存在しますが、商用のツールはサポートや追加機能、使いやすさの面で利点を持っています。組織の要件や予算に応じて、適切なツールを選択することが重要です。


費用を抑えるためのアドバイス

  1. オープンソースツールの活用: 多くの高品質なオープンソースツールが存在するため、初めにこれらのツールを試してみることを推奨します。

  2. コミュニティの活用: オープンソースツールのコミュニティは、問題の解決や新しい機能の提案など、サポートとして活用できます。

  3. トレーニングと教育: ツールの効果的な利用には適切な知識や技術が必要です。継続的なトレーニングや教育を行うことで、ツールのパフォーマンスを最大化できます。



6. ペネトレーションテストを依頼する際の注意点

1. 目的の明確化

  • ペネトレーションテストを依頼する前に、その目的を明確にしておくことが重要です。システムの全体的な脆弱性を知りたいのか、特定の部分に焦点を当てたいのか、その目的に応じてテストの範囲や方法が変わってきます。

2. コミュニケーションの確保

  • ペネトレーションテスト中や結果の報告時に、テスターとのコミュニケーションが円滑に行えるようにすることが重要です。誤解や予期しないトラブルを避けるために、期待値や要望をしっかり伝えることが必要です。

3. 実施時期の選定

  • ペネトレーションテストは、システムに一時的な負荷をかける場合があります。そのため、ビジネスに影響を与えない時期や時間帯を選定して実施することが推奨されます。

4. データのバックアップ

  • テスト中にデータの損失や破損のリスクがあるため、テストを実施する前に重要なデータのバックアップを取っておくことが必要です。

5. 報告のフォーマットと内容の確認

  • テスト結果の報告の際、どのようなフォーマットで、どのような内容が含まれるかを事前に確認しておくことで、後々の誤解やトラブルを避けることができます。

6. 長期的なパートナーシップの検討

  • 一度のペネトレーションテストだけでなく、定期的なテストやフォローアップを行うことで、セキュリティの向上と維持が可能となります。テスターやサービス提供者との長期的な関係を築くことを検討すると良いでしょう。



7. まとめ

ペネトレーションテストは、組織のセキュリティポスチャを評価し、実際の攻撃環境でのリスクを明らかにする重要な手法です。この記事を通じて、ペネトレーションテストの基本的な概念から、適切なツールの選び方、費用相場、そしてテストを依頼する際の注意点について理解を深めることができたことを願っています。

  • ペネトレーションテストの重要性: 日々進化するサイバー攻撃に対抗するため、組織のセキュリティを定期的に評価することは必須です。

  • ツールの選び方: 目的や要件に応じて、最も適切なペネトレーションテストツールを選択することが求められます。

  • 費用の検討: 予算に合わせて、コストパフォーマンスの良いツールやサービスを選ぶことが重要です。

  • テスト依頼の注意点: ペネトレーションテストを外部のサービス提供者に依頼する際は、コミュニケーションを密にとり、期待値や要望を明確にすることが必要です。

セキュリティは絶えず変化する分野であり、新しい脅威や技術が日々出現します。そのため、継続的な学びとアップデートが求められます。この記事が、読者の皆様のセキュリティ向上の一助となることを期待しています。



ペネトレーションテストならシースリーレーヴ 


ペネトレーションテストの会社をお探しの方は、ぜひシースリーレーヴ株式会社までお問い合わせください。

シースリーレーヴ株式会社

ペネトレーションテストレポート例




弊社では、海外で活躍するホワイトハッカー集団「Nulit・ナルト」によるペネトレーションテストを60万円〜の低価格で提供可能です。


ペネトレーションテスト料金

さらに毎月定期的に侵入テストを実施したり、ホワイトハッカーのロゴをサイトに掲載したりすることで、サイバー攻撃の予防を高めることができます。


また自社でのセキュリティ対策が難しい場合は、ホワイトハッカーおよびエンジニアが開発を行うことも可能です。


これまでに大手企業様や、上場企業様など、数多くのペネトレーションテスト実績を持っております。

セキュリティ面に関するお悩みをお持ちの方は、まずはぜひ一度ご相談ください。


ペネトレーションに関するお問い合わせはこちら

ペネトレーションテスト概要資料ダウンロードはこちら






ペネトレーションテスト資料ダウンロードバナー
最新記事
bottom of page