top of page
  • Tachibana

ペネトレーションテストで出来ることとは?

更新日:2023年12月22日


目次

  1. ペネトレーションテストとは

  2. ペネトレーションテストでできること

  3. ペネトレーションテストで対策できるリスク

  4. ペネトレーションテストの種類

  5. ペネトレーションテストは専門家に依頼すべき理由


1.ペネトレーションテストとは

インターネットが日常生活に欠かせないものとなる中、ビジネスにおいてもオンラインでの安全性が非常に重要です。特に新しい事業を始める方や中小企業の経営者の皆さんは、自社のウェブサイトやシステムが安全であることを確認する必要があります。ここで重要な役割を果たすのが「ペネトレーションテスト」です。しかし、この言葉を聞いても、具体的に何を指すのか分からない方も多いでしょう。この記事では、ペネトレーションテストが何であるか、そしてそれがなぜ重要なのかを、簡単に説明します。


ペネトレーションテストって何?

ペネトレーションテスト、または「侵入テスト」とも呼ばれるこの手法は、簡単に言うと「自社のウェブサイトやシステムの安全性を試すテスト」です。このテストを行うことで、ウェブサイトやシステムに隠れている弱点を見つけ出し、修正することができます。

例えば、あなたのビジネスがオンラインショップを運営しているとします。ペネトレーションテストでは、専門家が「悪意のあるハッカー」の役割を演じ、あなたのオンラインショップに侵入しようとします。彼らは実際には害を与えることはありませんが、どのような方法で侵入が可能か、どんな弱点があるかを探し出します。


セキュリティ評価の役割

ペネトレーションテストは単に弱点を見つけるだけではありません。それを通じて、システムの安全性を高め、未然に問題を防ぐことができます。例えば、ハッカーによるデータの盗難やウィルス感染を防ぐための対策を立てることができます。

このテストは、あなたのビジネスが顧客に対して安全で信頼できるサービスを提供していることを示すためにも重要です。顧客データの保護は、特にオンラインビジネスにおいては、信頼と品質の証となります。




2.ペネトレーションテストでできること

ペネトレーションテストでできること

ペネトレーションテストでわかること

ペネトレーションテストを行うことで、あなたのビジネスが直面している潜在的なセキュリティの問題が明らかになります。このテストを通じて、以下のようなことが分かります:

  1. システムの脆弱性:ウェブサイトやシステムのセキュリティ上の弱点が特定されます。これには、パスワードの強度、ソフトウェアの更新の遅れ、不適切な設定などが含まれます。

  2. 侵入のしやすさ:どれほど容易にシステムに侵入できるかを評価します。これは、外部からの攻撃者に対するシステムの脆弱性を測定するのに役立ちます。

  3. データ保護の効果:顧客データや機密情報がどれだけ安全に保護されているかを評価します。データ漏洩のリスクを事前に特定することができます。

  4. 内部脅威の特定:内部からのセキュリティ侵害の可能性を評価します。不正な従業員やシステムの誤用によるリスクを特定します。

  5. 物理的セキュリティの弱点:物理的なセキュリティ措置(例えば、サーバールームへのアクセス制御)の効果を評価します。

  6. ネットワークセキュリティの脆弱性:ネットワークの保護レベルと外部からの攻撃に対する耐性を評価します。

  7. 応答計画の有効性:セキュリティ侵害が発生した際の対応計画の効果を検証します。これには、侵害検出システムと事後対応プロセスの両方が含まれます。

  8. コンプライアンスと規制遵守:法的規制や業界基準に対する遵守状況を評価します。


どのように役立つのか?

ペネトレーションテストから得られる情報は、以下のようにビジネスに役立ちます:

  • リスクの特定と対策計画の策定:弱点が特定されると、それを修正するための具体的な計画を立てることができます。これにより、将来的なセキュリティ侵害を防ぐことができます。

  • コンプライアンスの確保:多くの業界では、特定のセキュリティ基準を満たすことが義務付けられています。ペネトレーションテストは、これらの基準に準拠していることを確認するのに役立ちます。

  • 信頼性の向上:顧客に対して、システムの安全性を積極的に確保していることを示すことができます。これは、顧客の信頼を得るために非常に重要です。


実践的なアプローチ

ペネトレーションテストは、理論的なものではなく、実際の攻撃シナリオを模倣します。そのため、実際に発生する可能性のあるセキュリティ侵害に対する準備をすることができます。これは、理論上のリスク分析だけでは得られない貴重な洞察を提供します。





3.ペネトレーションテストで対策できる、12のリスク

ペネトレーションテストで対策できる、12のリスク

ペネトレーションテストは、ビジネスのセキュリティを強化するために重要な役割を果たします。このテストを通じて、以下のようなリスクを対策することが可能です。


1. データ漏洩のリスク

顧客情報や企業の機密データが外部に漏れることは、ビジネスにとって大きな脅威です。ペネトレーションテストにより、データ漏洩の可能性を特定し、それに対する防御策を講じることができます。


2. サイバー攻撃の脆弱性

ハッキング、マルウェア、フィッシング攻撃など、さまざまなサイバー攻撃に対するシステムの脆弱性を発見し、それらを防ぐための対策を立てることができます。


3. 内部脅威

従業員による情報漏洩や不正行為など、内部からの脅威も重要なリスク要因です。ペネトレーションテストは、これらのリスクを特定し、適切なアクセス制御や監視システムを導入するための基盤を提供します。


4. 法規制違反のリスク

特に個人情報保護法などの法規制に違反すると、罰金や信用失墜などの重大な結果を招くことがあります。ペネトレーションテストは、法規制遵守の状況を評価し、必要な改善策を講じるのに役立ちます。


5. 物理的セキュリティの弱点

サーバールームのセキュリティやオフィスの物理的なアクセス制御など、物理的セキュリティの脆弱性も評価の対象となります。これらのリスクを特定し、対策を講じることができます。


6. ビジネス継続性の脅威

サイバー攻撃によってビジネスの運営が妨げられるリスクもあります。ペネトレーションテストは、災害復旧計画やビジネス継続計画の有効性を検証するのに役立ちます。


7. システムダウンタイムと損失のリスク

サイバー攻撃によってシステムがダウンした場合、ビジネスの運営が停止し、収益の損失につながることがあります。ペネトレーションテストは、システムの耐障害性を評価し、ダウンタイムを最小限に抑える対策を立案するのに役立ちます。


8. クラウドサービスのセキュリティリスク

多くのビジネスがクラウドサービスを利用していますが、クラウド環境特有のセキュリティリスクも存在します。ペネトレーションテストは、クラウド環境におけるデータ保護とアクセス制御の弱点を特定するのに役立ちます。


9. モバイルアプリケーションのセキュリティ

ビジネスがモバイルアプリを提供している場合、これらのアプリケーションも潜在的なセキュリティリスクを抱えています。ペネトレーションテストは、モバイルアプリのセキュリティ評価を行い、リスクを特定します。


10. ソーシャルエンジニアリングのリスク

従業員が詐欺的な手口による攻撃(例えばフィッシング)に騙されるリスクもあります。ペネトレーションテストは、社内のセキュリティ意識と対策を強化し、この種の攻撃に対する耐性を高めるのに役立ちます。


11. サプライチェーンのセキュリティリスク

ビジネスのサプライチェーンに関わるパートナーやサプライヤーからのセキュリティリスクも重要です。ペネトレーションテストは、サプライチェーン全体のセキュリティ強度を評価し、弱点を特定するのに役立ちます。


12. コンプライアンス違反による罰金や訴訟のリスク

法的規制や業界基準の違反は、高額な罰金や訴訟につながる可能性があります。ペネトレーションテストは、コンプライアンスのギャップを特定し、これらのリスクを軽減します。






4.ペネトレーションテストの種類

ペネトレーションテストの種類

ペネトレーションテストには、さまざまな種類があり、それぞれ異なる目的とアプローチがあります。以下に、主要なテストの種類とその特徴を紹介します。


1. 外部ペネトレーションテスト

  • 目的:外部からの攻撃に対する防御力を評価します。インターネットを介してアクセス可能なシステム、ウェブサイト、電子メールサーバーなどが対象です。

  • 適用例:オンラインショッピングサイトや公開されている企業ウェブサイトのセキュリティ評価。

2. 内部ペネトレーションテスト

  • 目的:内部からの攻撃(例えば不正な従業員やゲスト)に対するシステムの脆弱性を特定します。

  • 適用例:オフィス内部のネットワークセキュリティや従業員のアクセス権限の適切性の評価。

3. ブラインドペネトレーションテスト

  • 目的:攻撃者が事前にシステムに関する情報を持たない状況でのテストを行います。リアルタイムの攻撃シナリオを模倣します。

  • 適用例:セキュリティチームの反応速度や対応能力の評価。

4. ダブルブラインドペネトレーションテスト

  • 目的:セキュリティチームも攻撃が行われることを知らない状態でテストを行います。リアルな攻撃シナリオの再現性を高めます。

  • 適用例:緊急対応計画とセキュリティチームの実践的な対応能力のテスト。

5. ワイヤレスペネトレーションテスト

  • 目的:無線ネットワークのセキュリティを評価し、無線接続を介した攻撃のリスクを特定します。

  • 適用例:オフィスや施設内のWi-Fiネットワークのセキュリティ評価。

6. アプリケーションペネトレーションテスト

  • 目的:特定のアプリケーション(ウェブアプリケーションやモバイルアプリケーション)のセキュリティを評価します。

  • 適用例:企業が提供するウェブアプリケーションやモバイルアプリのセキュリティ強度の確認。




5.ペネトレーションテストは専門家に頼んだ方がよい理由

ペネトレーションテストは専門家に頼んだ方がよい理由

ペネトレーションテストは複雑で専門的な知識が必要です。以下は、なぜ専門家にこのテストを依頼するべきなのかを説明するいくつかの理由です。


1. 専門的な技術と知識

  • 詳細:ペネトレーションテスターは、サイバーセキュリティの専門家であり、最新の攻撃手法や防御戦略に精通しています。

  • メリット:最新の脅威に対応できる高度なテストを提供し、現実的な攻撃シナリオを再現します。

2. 客観的な第三者の視点

  • 詳細:社内のITチームとは異なり、外部の専門家はプロジェクトに先入観を持たずにアプローチします。

  • メリット:組織の盲点を見逃さず、偏りのない評価を行うことができます。

3. 法規制と業界基準への遵守

  • 詳細:専門家は、特定の業界の規制や標準に精通しており、それに準拠したテストを実施します。

  • メリット:コンプライアンスの問題を防ぎ、法的なリスクを最小限に抑えることができます。

4. 継続的なサポートとアドバイス

  • 詳細:多くの専門家は、テストの実施だけでなく、その後のフォローアップやセキュリティ改善のアドバイスも提供します。

  • メリット:長期的なセキュリティ戦略の構築と維持に役立ちます。

5. 複雑なテストの実施能力

  • 詳細:専門家は、複雑なネットワークやシステムに対するテストを効率的に実施する能力を持っています。

  • メリット:広範囲にわたるセキュリティ評価を行い、包括的なリスク管理を提供します。

シースリーレーヴでも、ペネトレーションテストをご提供しております!

ペネトレーションテスト資料ダウンロード

ペネトレーションテストお問い合わせ



6.まとめ

ペネトレーションテストは、ビジネスのオンラインセキュリティを保護するための重要な手段です。この記事を通じて、ペネトレーションテストの重要性、できること、対策できるリスク、そして専門家に依頼すべき理由を理解していただけたと思います。ここで、この情報を活用し、次に進むためのステップを紹介します。

1. 自社のニーズを評価する

  • まずは、自社のシステムやウェブサイトのセキュリティ状況を理解し、どのようなリスクが存在するかを把握します。

2. 専門家を選ぶ

  • ペネトレーションテストを実施するための専門家やサービスプロバイダーを選びます。その際、経験、専門知識、そして業界の評判を考慮に入れます。

3. テスト計画を策定

  • 選んだ専門家と協力して、テストの範囲、目的、期間などを含む詳細な計画を立てます。

4. テストの実施

  • テストは計画に従って実施され、システムの脆弱性やセキュリティ上のリスクが特定されます。

5. 結果の分析と対策

  • テストの結果を分析し、見つかった問題に対して適切な対策を講じます。これには、技術的な修正やセキュリティポリシーの改善が含まれることがあります。

6. 継続的なセキュリティの向上

  • セキュリティは一度きりの取り組みではなく、継続的な努力が必要です。定期的なペネトレーションテストとセキュリティの見直しを行い、ビジネスを安全に保ちましょう。

ビジネスのセキュリティは、絶えず進化する脅威に対して常に警戒し、適応する必要があります。ペネトレーションテストはその重要な一環です。




脆弱性診断よりもっとセキュリティレベルの高いテストをしたい方、脆弱性診断はやってみたけれど、不安が払拭できないという方には、ペネトレーションテストをオススメしております。



ペネトレーションテストならシースリーレーヴ


ペネトレーションテストの会社をお探しの方は、ぜひシースリーレーヴ株式会社までお問い合わせください。

シースリーレーヴ株式会社

ペネトレーションテストレポート例




弊社では、海外で活躍するホワイトハッカー集団「Nulit・ナルト」によるペネトレーションテストを60万円〜の低価格で提供可能です。


ペネトレーションテスト料金

さらに毎月定期的に侵入テストを実施したり、ホワイトハッカーのロゴをサイトに掲載したりすることで、サイバー攻撃の予防を高めることができます。


また自社でのセキュリティ対策が難しい場合は、ホワイトハッカーおよびエンジニアが開発を行うことも可能です。


これまでに大手企業様や、上場企業様など、数多くのペネトレーションテスト実績を持っております。

セキュリティ面に関するお悩みをお持ちの方は、まずはぜひ一度ご相談ください。


ペネトレーションに関するお問い合わせはこちら

ペネトレーションテスト概要資料ダウンロードはこちら












ペネトレーションテスト資料ダウンロードバナー
最新記事
bottom of page