top of page
  • Tachibana

【誰でもわかる!】ペネトレーションテストの必要性と、セキュリティリスクに対する最適な対策とは?

更新日:2023年12月22日

ペネトレーションテストがなぜ必要なのか?ビジネスを守るためのセキュリティリスク対策をご紹介




ペネトレーションテストの必要性と、セキュリティリスクに対する最適な対策とは?
ペネトレーションテストの必要性と、セキュリティリスクに対する最適な対策とは?


ペネトレーションテストの必要性


ペネトレーションテストが必要な理由

ペネトレーションテストは、セキュリティに問題があるかどうかを確認するためのテストです。コンピューターシステムやネットワークシステムを保護するためには、セキュリティリスクを特定し、それに対する対策を講じる必要があります。ペネトレーションテストは、このようなセキュリティ対策を行う上で必要不可欠なものです。


また、ペネトレーションテストを行うことで、システムやネットワークに対する攻撃のリスクを低減することができます。これは、ペネトレーションテストを実施することで、システムやネットワークの脆弱性を特定し、それに対する対策を講じることができるからです。



ペネトレーションテストのメリット


ペネトレーションテストのメリット
ペネトレーションテストのメリット

  • セキュリティリスクの特定:ペネトレーションテストを行うことで、システムやネットワークのセキュリティリスクを特定することができます。これにより、セキュリティ対策を講じることができます。


  • システムの強化:ペネトレーションテストを行うことで、システムの脆弱性を特定し、それに対する対策を講じることができます。これにより、システムのセキュリティを強化することができます。


  • 法令遵守の確認:ペネトレーションテストを行うことで、法令遵守の状況を確認することができます。これにより、法令遵守に関する問題点を把握し、改善することができます。


  • 信頼性の向上:ペネトレーションテストを実施することで、セキュリティ対策に力を入れているというイメージを顧客や取引先に与えることができます。顧客にとって、セキュリティに問題があるシステムを使用することは不安であり、信頼性の低下に繋がるためです。




セキュリティリスクに対する最適な対策


セキュリティリスクの種類

セキュリティリスクには、以下のような種類があります。

  • 不正アクセスやハッキング

  • ウイルス感染やマルウェア

  • スパムメールやフィッシング詐欺

  • 情報漏洩や盗聴

  • 社員の不正利用やセキュリティ対策の怠慢

これらのリスクが実現すると、業務の継続性やビジネス上の信頼性に影響を与える可能性があります。



対策方法

セキュリティリスクに対する対策方法は、以下のようになります。


  • 情報セキュリティポリシーの策定と運用

  • 適切なアクセス制御と認証

  • セキュリティ意識の向上と教育

  • バックアップと復旧体制の整備

  • セキュリティ診断やペネトレーションテストの実施


これらの対策を総合的に実施することで、セキュリティリスクを最小限に抑えることができます。



ソフトウェアのアップデート


ソフトウェアのアップデート
ソフトウェアのアップデート

セキュリティリスクのうち、不正アクセスやウイルス感染などは、ソフトウェアの脆弱性を突いて実現することが多いため、ソフトウェアのアップデートは重要な対策の1つです。

アップデートにより、脆弱性が修正され、最新のセキュリティ対策が適用されるため、セキュリティリスクを軽減することができます。

また、ソフトウェアのアップデートは自動で行われることが多いため、利用者は意識的に行う必要がなく、簡単にセキュリティ対策を行うことができます。



パスワードの強化


パスワードの強化
パスワードの強化

パスワードは、不正アクセスからデータを守るために重要な役割を果たします。しかし、単純なパスワードや使い回しの多いパスワードを使用することはセキュリティリスクを高めます。パスワードの強化は、セキュリティを高めるための基本的な対策の1つです。

強いパスワードを作成するためには、以下のポイントを抑えましょう。


  • パスワードは8文字以上、複雑な文字列を使用する

  • 使い回しをしないで、サービスごとに異なるパスワードを使用する

  • 定期的にパスワードを変更する


また、パスワード管理ツールの使用も推奨されます。パスワード管理ツールを使用することで、安全なパスワードの自動生成や、異なるサービスごとのパスワードの保存・管理が簡単になります。



アクセス制限の強化


アクセス制限の強化
アクセス制限の強化

アクセス制限は、セキュリティを高めるための重要な対策の1つです。アクセス制限を強化することで、不正アクセスによる情報漏洩や改ざんを防止することができます。

アクセス制限を強化するためには、以下のポイントを抑えましょう。


  • 不要な権限を削除する

  • 機密性の高いデータへのアクセス権限を厳格に管理する

  • 外部からのアクセスを制限する

  • アクセスログの記録を行う

  • アクセス制限は、適切な管理が行われることで、セキュリティを高めることができます。


セキュリティ監視の強化

セキュリティ監視は、セキュリティを高めるための重要な対策の1つです。セキュリティ監視を行うことで、異常なアクセスや不審な動きを検知することができ、迅速な対応が可能になります。

セキュリティ監視を強化するためには、以下のポイントを抑えましょう。


  • ログの収集や保存を適切に行う

  • 異常なアクセスや不審な動きを監視する

  • 監視のための専用ツールやシステムを導入する

  • 監視対象を明確にし、適切な監視範囲を設定する

  • 監視結果に対して適切な対応を行うための体制を整備する

  • 定期的な監視の実施と改善を行う



まとめ

今回は「ペネトレーションテストの必要性」について解説しました。

セキュリティ対策は現代のビジネスにおいて極めて重要です。しかし、どのようなセキュリティ対策をとるかは、業種や業務内容などによって異なります。そのため、自社にとって最適なセキュリティ対策を導き出すためには、ペネトレーションテストが有効です。


ペネトレーションテストは、自社のシステムに対して攻撃を模擬し、弱点を発見するテストです。このテストを行うことで、自社のシステムの弱点を特定し、その弱点に対するセキュリティ対策を講じることができます。さらに、ペネトレーションテストを定期的に実施することで、新たなセキュリティリスクに対する対策を継続的に講じることができます。


ただし、ペネトレーションテストを行う際には、信頼できる専門家の支援を受けることが大切です。




ペネトレーションテストならシースリーレーヴ 


ペネトレーションテストの会社をお探しの方は、ぜひシースリーレーヴ株式会社までお問い合わせください。

シースリーレーヴ株式会社

ペネトレーションテストレポート例




弊社では、海外で活躍するホワイトハッカー集団「Nulit・ナルト」によるペネトレーションテストを60万円〜の低価格で提供可能です。


ペネトレーションテスト料金

さらに毎月定期的に侵入テストを実施したり、ホワイトハッカーのロゴをサイトに掲載したりすることで、サイバー攻撃の予防を高めることができます。


また自社でのセキュリティ対策が難しい場合は、ホワイトハッカーおよびエンジニアが開発を行うことも可能です。


これまでに大手企業様や、上場企業様など、数多くのペネトレーションテスト実績を持っております。

セキュリティ面に関するお悩みをお持ちの方は、まずはぜひ一度ご相談ください。


ペネトレーションに関するお問い合わせはこちら

ペネトレーションテスト概要資料ダウンロードはこちら



ペネトレーションテスト資料ダウンロードバナー
最新記事
bottom of page