top of page
  • Tachibana

【誰でもわかる!】ペネトレーションテストとは?〜入門編〜ビジネスセキュリティの強化に欠かせない理由

更新日:2023年12月22日


ビジネスを脅かすセキュリティリスクとは?

〜 ペネトレーションテストで防ぐ 〜

ビジネスを脅かすセキュリティリスクとは? 〜ペネトレーションテストで防ぐ〜
ビジネスを脅かすセキュリティリスクとは? 〜ペネトレーションテストで防ぐ〜


ペネトレーションテストとは?

ペネトレーションテストとは、ハッカーの攻撃を模擬して、実際に攻撃を受けた場合と同じようにシステムを調査するテストのことです。簡単に言えば「ITシステムのセキュリティチェック」です。その結果をもとに、問題があった場合には改善策を提案することができます。

ペネトレーションテストを実施することで、企業のセキュリティを強化し、顧客の個人情報や重要な情報が漏洩することを防止することができます。

インターネット上で情報をやり取りするビジネスや、ウェブサイトを運営している企業などは、セキュリティの強化、また顧客からの信頼を得るためにも欠かせないテストです。





ペネトレーションテストが必要な理由


セキュリティリスクとは?

セキュリティリスクとは、コンピューターシステムやデータなどに潜む脆弱性のことを指します。悪意ある人がこの脆弱性を利用し、データの盗難や改竄、システムの乗っ取りなどの攻撃を行う可能性があります。


たとえば、ある企業が顧客の個人情報を保管している場合、そのデータがハッカーに盗まれたり、社員の不注意で漏洩してしまったりすると、顧客からの信頼を失い、企業の評判やビジネスに深刻な悪影響を及ぼすことになります。


また、身近な例として、スマートフォンのパスワードを設定しないでいると、誰でも簡単にアクセスできてしまう可能性があります。このように、セキュリティリスクは日常生活でも存在しており、その被害は非常に大きいものとなっています。


ペネトレーションテストを行うことで、このようなセキュリティリスクを事前に発見し、改善することができます。セキュリティリスクに対する対策は、ビジネスにとって非常に重要なものとなっており、ペネトレーションテストを定期的に実施することで、セキュリティの強化とビジネスの継続が可能となります。

セキュリティリスクとは?
セキュリティリスクとは?



ビジネスにおけるセキュリティリスクの影響

ビジネスにおけるセキュリティリスクは、企業に深刻な影響を与える可能性があります。以下に、具体的な事例を挙げながら、その影響を解説します。



顧客情報漏洩による信頼失墜

ある企業が顧客の個人情報を保管していた場合、それが漏洩した場合、顧客からの信頼を失うことになります。顧客情報は、氏名や住所、電話番号、メールアドレス、クレジットカード番号など、個人にとって非常に重要な情報であり、漏洩した場合には個人情報保護法に基づく法的な処分を受けることになる可能性があります。



競合他社からの情報漏洩による業績低下

ある企業が開発した製品やサービスに関する機密情報が競合他社に漏洩した場合、競合他社がその情報を利用して同様の製品やサービスを開発し、市場を席巻する可能性があります。その結果、企業の業績が低下する可能性があります。



マルウェア感染によるシステム障害

ある企業のシステムにマルウェアが侵入した場合、システムが停止するなどの障害が発生する可能性があります。システムの停止により、業務が滞ることになり、企業の業績に大きな影響を与える可能性があります。



以上のように、セキュリティリスクはビジネスにとって非常に重要な問題であり、事前に対策を行うことが不可欠です。ペネトレーションテストは、そのようなリスクを事前に発見し、対策を講じることができるため、企業にとって非常に有用なツールとなっています。




ペネトレーションテストの基本的な流れ

ペネトレーションテストは、以下の基本的な流れで行われます。


① 事前準備

まずは、ペネトレーションテストを行うための事前準備が必要です。この段階では、以下のようなことが行われます。


  • 目的の明確化

ペネトレーションテストを行う目的を明確化します。例えば、システムの脆弱性を洗い出すことや、セキュリティポリシーに準拠しているかの確認などがあります。


  • スコープの設定

ペネトレーションテストの範囲を設定します。例えば、社内ネットワークだけを対象にするか、社外からのアクセスも含めて対象にするかなどです。


  • テスト対象の情報収集

ペネトレーションテストを行う前に、テスト対象となるシステムやネットワークの情報収集を行います。例えば、IPアドレスやドメイン名、システムの構成情報などを収集します。




② ペネトレーションテストの実施

次に、ペネトレーションテストの実施です。この段階では、以下のようなことが行われます。


  • 脆弱性スキャン

ペネトレーションテストを実施する前に、対象となるシステムやネットワークの脆弱性スキャンを行います。これにより、システムやネットワークにある脆弱性を洗い出すことができます。


  • 攻撃の実施

脆弱性スキャンで洗い出した脆弱性を攻撃して、システムやネットワークに侵入を試みます。この段階での攻撃は、許可された範囲内で行われます。


  • フィッシング攻撃の実施

ペネトレーションテストでは、フィッシング攻撃も実施されることがあります。フィッシング攻撃とは、メールなどを使って社員などを騙し、情報を盗み出す攻撃です。



③ レポート作成と提案

最後に、ペネトレーションテストの結果をもとにレポートが作成されます。レポートには、セキュリティに関する脆弱性や問題点が記載され、それに対する改善提案も含まれます。


レポートの作成にあたっては、以下のようなポイントがあります。


  • 明確な説明

ペネトレーションテストの結果を明確かつ詳細に説明することが重要です。説明が不十分だと、改善提案が的を射ていない場合があります。


  • 優先順位の設定

改善提案は、優先順位が付けられているとより効果的です。例えば、セキュリティリスクが最も高いと判断された項目から改善することで、効率的かつ迅速にセキュリティを強化できます。


  • 具体的な提案

改善提案は、具体的かつ実現可能なものであることが重要です。提案があいまいだと、改善することができない場合があります。


レポートの提出後は、改善提案に基づいてセキュリティを強化するためのアクションプランが策定されます。改善提案を実行し、セキュリティを強化することで、ビジネスのリスクを減らすことができます。


例えば、ある企業のサイトにペネトレーションテストを実施した結果、SQLインジェクションの脆弱性が発見された場合、レポートには以下のような改善提案が含まれるかもしれません。


  • データベースアクセスに使用される入力パラメータの検証を行う

  • 入力パラメータに使用可能な文字種を制限する

  • 入力パラメータに対してエスケープ処理を行う


改善提案に基づいて、企業はセキュリティを強化するためのアクションプランを策定し、実行することが重要です。


ペネトレーションテストの基本的な流れ
ペネトレーションテストの基本的な流れ


まとめ

ここまでペネトレーションテストについて、その必要性や実施の流れ、ポイントについて解説してきました。ビジネスにおいては、セキュリティリスクが潜在的に存在し、それに対処するためにはペネトレーションテストが有効です。




ペネトレーションテストならシースリーレーヴ 


ペネトレーションテストの会社をお探しの方は、ぜひシースリーレーヴ株式会社までお問い合わせください。

シースリーレーヴ株式会社

ペネトレーションテストレポート例




弊社では、海外で活躍するホワイトハッカー集団「Nulit・ナルト」によるペネトレーションテストを60万円〜の低価格で提供可能です。


ペネトレーションテスト料金

さらに毎月定期的に侵入テストを実施したり、ホワイトハッカーのロゴをサイトに掲載したりすることで、サイバー攻撃の予防を高めることができます。


また自社でのセキュリティ対策が難しい場合は、ホワイトハッカーおよびエンジニアが開発を行うことも可能です。


これまでに大手企業様や、上場企業様など、数多くのペネトレーションテスト実績を持っております。

セキュリティ面に関するお悩みをお持ちの方は、まずはぜひ一度ご相談ください。


ペネトレーションに関するお問い合わせはこちら

ペネトレーションテスト概要資料ダウンロードはこちら



ペネトレーションテスト資料ダウンロードバナー
最新記事
bottom of page