top of page
  • Tachibana

【ペネトレーションテストと脆弱性診断の違い】セキュリティ評価における異なるアプローチ

更新日:2023年12月22日


【ペネトレーションテストと脆弱性診断の違い】セキュリティ評価における異なるアプローチ
【ペネトレーションテストと脆弱性診断の違い】セキュリティ評価における異なるアプローチ


ペネトレーションテストの概要

セキュリティ評価において重要な手法として広く使われているのが、ペネトレーションテストです。ペネトレーションテストは、システムやネットワークの脆弱性を実際に攻撃者の視点から評価する手法です。まるでハッカーがシステムに侵入しようとするかのような状況を模擬し、実際の攻撃に近い状況でセキュリティの脆弱性を発見することを目的としています。


ペネトレーションテストでは、エスティエム(エスティエム)と呼ばれる専門のセキュリティチームが、システムに対して攻撃手法や脆弱性を利用して実際の攻撃を試みます。これにより、システムの脆弱性が特定され、悪意のある攻撃から保護するための対策や修正が行われるのです。


ペネトレーションテストは、内部のセキュリティ対策や防御システムの評価に役立ちます。実際の攻撃をシミュレートすることで、システムの脆弱性が発見される可能性が高まります。また、ペネトレーションテストは定期的に実施することで、セキュリティの状態を継続的に監視し、新たな脅威に対する対策を講じることも可能です。


ペネトレーションテストは、企業や組織にとって重要なセキュリティ評価手法の一つです。しかし、単に脆弱性を発見するだけでなく、発見された脆弱性を修正し、セキュリティを向上させることが求められます。そのため、テスト結果を適切に分析し、対策を講じることが重要です。


次に、「脆弱性診断の概要」について詳しく見ていきましょう。







脆弱性診断の概要

脆弱性診断とは、システムやアプリケーションの脆弱性を特定し、修正するための手法です。ペネトレーションテストとは異なり、攻撃者の視点からの攻撃を模擬するのではなく、主に自動化ツールやスキャナーを使用して脆弱性の検出を行います。


脆弱性診断では、システムやアプリケーションのセキュリティに関連する要素を対象として、診断ツールを実行します。これにより、既知の脆弱性やセキュリティベストプラクティスに違反する箇所が特定されます。脆弱性診断の手法は自動化されているため、大量のコードやネットワークを効率的にスキャンすることが可能です。


脆弱性診断の利点の一つは、効率的かつ迅速な結果の提供です。自動化ツールは短時間で脆弱性を検出し、レポートとして出力することができます。これにより、開発者やシステム管理者は素早く脆弱性に対処することができます。


しかしながら、脆弱性診断には一定の制約もあります。自動化ツールは既知の脆弱性に基づいて検出を行うため、新たな脆弱性や複雑な攻撃手法に対しては限定的です。また、ツールの設定や使用方法によっては誤検知が発生する可能性もあります。そのため、脆弱性診断の結果は人間の専門家による検証や追加のテストと組み合わせることが重要です。


脆弱性診断は、セキュリティ評価の一環として重要な役割を果たします。定期的な診断を実施することで、システムやアプリケーションのセキュリティを向上させることができます。また、診断結果を分析し、適切な対策を講じることで、攻撃者からの脅威に対してより強固な防御を構築することができます。




ペネトレーションテストと脆弱性診断の違い

ペネトレーションテストと脆弱性診断の違い

ペネトレーションテストと脆弱性診断は、セキュリティ評価の手法として共通の目的を持っていますが、アプローチや方法論においていくつかの違いがあります。


まず、ペネトレーションテストは攻撃者の視点からシステムやネットワークを評価するのに対し、脆弱性診断は主に自動化ツールやスキャナーを使用して脆弱性の検出を行います。ペネトレーションテストではエスティエムが攻撃者の役割を果たし、実際の攻撃手法を模倣してシステムに侵入しようとします。一方、脆弱性診断は自動化されたツールがシステムをスキャンし、既知の脆弱性やセキュリティベストプラクティスに違反する箇所を特定します。


次に、ペネトレーションテストはリアルな攻撃シナリオを再現することを重視しています。エスティエムはシステムの特定の脆弱性を利用し、実際の攻撃を試みます。そのため、未知の脆弱性や複雑な攻撃手法に対しても検出することが可能です。一方、脆弱性診断は自動化ツールによるスキャンが主体であり、既知の脆弱性に基づいて検出を行います。新たな脆弱性や高度な攻撃手法に対しては限定的な面もあります。


さらに、ペネトレーションテストは人間の専門家が実施することが一般的です。エスティエムは攻撃の判断や脆弱性の深い分析が可能であり、テストの結果を総合的に評価することができます。一方、脆弱性診断は自動化ツールによって検出が行われるため、結果の精度や解釈には人間の判断が必要です。ツールの設定や誤検知の排除などの追加の手間も発生する場合があります。


最後に、対策の面での違いもあります。ペネトレーションテストでは、攻撃者の視点からシステムの脆弱性を発見することが重要ですが、それだけでは十分ではありません。ペネトレーションテストの結果は、脆弱性の特定や攻撃の成功に焦点を当てているため、発見された脆弱性の修正やセキュリティ対策の実施が必要です。


一方、脆弱性診断では、自動化ツールによって脆弱性が検出されます。この場合、ツールは既知の脆弱性やセキュリティベストプラクティスに基づいてスキャンを行います。その結果、特定の脆弱性が検出されると、開発者やシステム管理者はそれに対応するための修正や対策を実施することが求められます。


したがって、ペネトレーションテストでは攻撃手法の特定や実際の攻撃の成功が重視され、それに基づいてセキュリティ対策が行われます。一方、脆弱性診断では自動化ツールによる脆弱性の検出が主体となり、開発者やシステム管理者はその結果をもとに修正や対策を行います。


総括すると、ペネトレーションテストは攻撃者の視点からシステムの脆弱性を発見し、実際の攻撃を模擬することでセキュリティを評価します。一方、脆弱性診断は自動化ツールによって脆弱性を検出し、その結果をもとに修正や対策を行います。両者のアプローチは異なりますが、組み合わせて実施することでより包括的なセキュリティ評価が可能となります。


最後に、セキュリティ評価における異なるアプローチについて詳しく掘り下げてみましょう。



セキュリティ評価における異なるアプローチ

セキュリティ評価においては、ペネトレーションテストと脆弱性診断の他にもさまざまなアプローチが存在します。それぞれのアプローチは異なる視点や方法論を持ち、セキュリティの脅威や脆弱性を評価する上で補完的な役割を果たしています。


ソースコードレビュー(Static Analysis)

ソースコードレビューは、ソフトウェアのソースコードを検査し、潜在的な脆弱性やセキュリティ上の問題を特定する手法です。ソースコード自体に存在するセキュリティ上の脆弱性やベストプラクティスに違反する箇所を特定することができます。このアプローチは、開発段階でのセキュリティの組み込みや早期の脆弱性の発見に役立ちます。


レッドチーム・ブルーチーム演習

レッドチーム・ブルーチーム演習は、攻撃側(レッドチーム)と防御側(ブルーチーム)に分かれ、実際の攻撃や防御を模擬的に行う手法です。レッドチームは攻撃手法を模倣し、ブルーチームはそれに対して防御手段を講じます。このアプローチは、実践的なシナリオでのセキュリティ評価やチーム間の協力を促進するために使用されます。


脆弱性情報のモニタリング(Vulnerability Monitoring)

脆弱性情報のモニタリングは、セキュリティ関連の情報源やデータベースを監視し、新たな脆弱性情報を収集する手法です。定期的な脆弱性情報のチェックやアップデートを行うことで、システムやアプリケーションに対する新たな脅威に対応することができます。



セキュリティ意識向上トレーニング(Security Awareness Training)

セキュリティ意識向上トレーニングは、組織内の従業員やユーザーに対してセキュリティに関する教育やトレーニングを行う手法です。セキュリティポリシーやベストプラクティスの共有、フィッシング試験の実施、安全なパスワードの作成方法の指導などが含まれます。従業員やユーザーのセキュリティ意識を高め、社内外の脅威に対する防御力を向上させることが目的です。定期的なトレーニングを通じて、組織全体でのセキュリティ文化の醸成を図ることが重要です。




まとめ

セキュリティ評価において、ペネトレーションテストと脆弱性診断は異なるアプローチを持っています。ペネトレーションテストは攻撃者の視点からシステムの脆弱性を評価し、実際の攻撃を模倣します。一方、脆弱性診断は自動化ツールを用いて脆弱性の検出を行います。


両手法は補完的な役割を果たし、セキュリティの脅威や脆弱性を特定する上で重要な役割を果たします。ペネトレーションテストはリアルな攻撃シナリオを再現し、未知の脆弱性や高度な攻撃手法に対しても検出することができます。一方、脆弱性診断は自動化ツールによる効率的なスキャンを通じて、既知の脆弱性やセキュリティベストプラクティスに基づく検出を行います。


さらに、セキュリティ評価には他のアプローチも存在します。ソースコードレビューやレッドチーム・ブルーチーム演習など、さまざまな手法を組み合わせることでより包括的なセキュリティ評価が可能となります。また、セキュリティ意識向上トレーニングを通じて、組織内の従業員やユーザーのセキュリティ意識を高めることも重要です。


セキュリティ評価は単発の活動ではなく、定期的に実施する必要があります。脅威環境は絶えず進化しており、新たな脆弱性や攻撃手法が現れる可能性があります。継続的なセキュリティ評価と対策の実施によって、システムやデータの保護を確保し、安全なオンライン環境を維持することが求められます。



ペネトレーションテストならシースリーレーヴ 


ペネトレーションテストの会社をお探しの方は、ぜひシースリーレーヴ株式会社までお問い合わせください。

シースリーレーヴ株式会社

ペネトレーションテストレポート例




弊社では、海外で活躍するホワイトハッカー集団「Nulit・ナルト」によるペネトレーションテストを60万円〜の低価格で提供可能です。


ペネトレーションテスト料金

さらに毎月定期的に侵入テストを実施したり、ホワイトハッカーのロゴをサイトに掲載したりすることで、サイバー攻撃の予防を高めることができます。


また自社でのセキュリティ対策が難しい場合は、ホワイトハッカーおよびエンジニアが開発を行うことも可能です。


これまでに大手企業様や、上場企業様など、数多くのペネトレーションテスト実績を持っております。

セキュリティ面に関するお悩みをお持ちの方は、まずはぜひ一度ご相談ください。


ペネトレーションに関するお問い合わせはこちら

ペネトレーションテスト概要資料ダウンロードはこちら



ペネトレーションテスト資料ダウンロードバナー
最新記事
bottom of page