top of page
  • Tachibana

【誰でもわかる!】ペネトレーションテストの流れと、企業がセキュリティリスクを回避するための手法とは?

更新日:2023年12月22日

ペネトレーションテストの具体的な流れと、企業がセキュリティリスクを回避するためのノウハウを解説!

ペネトレーションテストの流れと、企業がセキュリティリスクを回避するための手法とは?
ペネトレーションテストの流れと、企業がセキュリティリスクを回避するための手法とは?

ペネトレーションテストの流れ

ペネトレーションテストの流れは、一般的に以下のようになります。


  1. 目的の設定:テストの目的、範囲、対象、実施日時などを決定します。

  2. 情報収集:対象システムやネットワークの情報を収集し、攻撃に必要な情報を収集します。

  3. 脆弱性診断:収集した情報をもとに、システムやネットワークに対する脆弱性を診断します。

  4. 攻撃シミュレーション:脆弱性を悪用して攻撃をシミュレーションし、セキュリティ対策が有効であるかどうかを確認します。

  5. 結果の報告:テスト結果をまとめて報告書にまとめ、問題点や対策案を提供します。


以上が、ペネトレーションテストの一般的な流れとなります。




企業がセキュリティリスクを回避するための手法

企業がセキュリティリスクを回避するための手法
企業がセキュリティリスクを回避するための手法


企業がセキュリティリスクを回避するためには、以下の手法を取り入れることが重要です。


セキュリティポリシーの策定

セキュリティポリシーは、企業が守るべきセキュリティに関するルールや規定のことです。セキュリティポリシーを策定することで、従業員がセキュリティリスクを把握し、適切な対処ができるようになります。


セキュリティポリシーには、以下のような項目を含めることが一般的です。

  • パスワードの強制変更頻度や文字数、複雑さなど

  • システムへのアクセス制限

  • セキュリティパッチやアップデートの適用方法やタイミング

  • 機密情報の扱い方など


プライバシー保護の強化

企業が顧客の個人情報を保護することは非常に重要です。個人情報が漏洩すると、企業の信頼性が失われたり、法的な問題が発生する可能性があります。企業がプライバシー保護を強化するためには、以下の方法があります。


暗号化の導入:データを暗号化することで、外部からの不正アクセスや盗難に対して、個人情報を保護することができます。

アクセス制限の強化:個人情報にアクセスできる人を限定することで、不正な情報漏洩を防ぐことができます。

個人情報のマスキング:個人情報を表示しないようにすることで、社内でも個人情報の漏洩を防ぐことができます。



セキュリティ意識の向上


セキュリティ意識の向上
セキュリティ意識の向上

セキュリティリスクを回避するためには、社員のセキュリティ意識を高めることも重要です。セキュリティ意識の向上のためには、以下の方法があります。


セキュリティ教育の実施:社員に対して、セキュリティリスクの認識や、パスワードの強化などについて教育することで、セキュリティ意識を向上させることができます。


セキュリティポリシーの周知:社員に対して、企業のセキュリティポリシーを周知することで、セキュリティに関する問題に対する理解を深めることができます。


セキュリティ文化の醸成:社員同士がセキュリティについて議論する場を作り、セキュリティ意識を高めることができます。


以上が、企業がセキュリティリスクを回避するための手法です。セキュリティ対策は、1回の取り組みでは完全に防ぐことができないため、継続的な取り組みが必要です。




まとめ

今回は、ペネトレーションテストの重要性や流れについて解説しました。

企業がセキュリティリスクを回避するためには、セキュリティポリシーの策定、プライバシー保護の強化、セキュリティ意識の向上などが必要です。しかし、それだけでは十分ではありません。ペネトレーションテストを実施することで、セキュリティに対する不安を解消することができます。



ペネトレーションテストならシースリーレーヴ 


ペネトレーションテストの会社をお探しの方は、ぜひシースリーレーヴ株式会社までお問い合わせください。

シースリーレーヴ株式会社

ペネトレーションテストレポート例




弊社では、海外で活躍するホワイトハッカー集団「Nulit・ナルト」によるペネトレーションテストを60万円〜の低価格で提供可能です。


ペネトレーションテスト料金

さらに毎月定期的に侵入テストを実施したり、ホワイトハッカーのロゴをサイトに掲載したりすることで、サイバー攻撃の予防を高めることができます。


また自社でのセキュリティ対策が難しい場合は、ホワイトハッカーおよびエンジニアが開発を行うことも可能です。


これまでに大手企業様や、上場企業様など、数多くのペネトレーションテスト実績を持っております。

セキュリティ面に関するお悩みをお持ちの方は、まずはぜひ一度ご相談ください。


ペネトレーションに関するお問い合わせはこちら

ペネトレーションテスト概要資料ダウンロードはこちら



ペネトレーションテスト資料ダウンロードバナー
最新記事
bottom of page