top of page
  • Tachibana

ペネトレーションテストの価格は?依頼する前に知っておくべき価格相場と隠れたコストを徹底解説!

更新日:2023年12月22日

1. はじめに

近年、情報技術の進化とともに、企業のデータやシステムへの攻撃も手口が巧妙化してきました。新たな技術が生まれる一方で、それを悪用する脅威も増加しています。このような背景のもと、企業のセキュリティ対策の重要性は高まる一方です。


ペネトレーションテストの必要性

サイバーセキュリティの世界では、ペネトレーションテストは企業のセキュリティポスチャを評価する主要なツールとして位置づけられています。これは、実際の攻撃シナリオを模倣して、組織の防御態勢の弱点や脆弱性を特定するためのテストです。このテストを実施することで、未知の脆弱性やリスクを早期に発見し、それに対する対策を講じることができます。

しかし、ペネトレーションテストを実施するには、その価格がネックとなることも少なくありません。特に中小企業など、予算が限られている組織にとっては、このテストの費用とその効果をしっかりと理解することが重要です。

本記事では、ペネトレーションテストの価格相場やその価値、そして適切な予算設定の方法について詳しく解説していきます。セキュリティの専門家でない方でも理解しやすいように、具体的な例やケーススタディを交えながら説明していきますので、最後までお付き合いいただければ幸いです。




ペネトレーションテストの基本
ペネトレーションテストの基本

2. ペネトレーションテストの基本

ペネトレーションテストとは?

ペネトレーションテストは、攻撃者の視点で企業のシステムやネットワークを試験する手法です。目的は、現在のセキュリティ対策が有効であるか、またどのような脆弱性が存在するかを明らかにすること。このテストにより、組織が直面する実際のリスクを確認し、より具体的な防御策を計画することができます。


テストの主な種類

ペネトレーションテストは大きく分けて以下の3つの種類に分類されます。

  1. 外部テスト: 企業の外部からの攻撃をシミュレートします。例として、ウェブアプリケーションや公開されているサーバの脆弱性を検証するテストがあります。

  2. 内部テスト: 企業の内部ネットワークやシステムを対象とし、すでにネットワーク内に侵入した攻撃者の視点で攻撃を模倣します。これは、社員の不注意からの情報漏洩や物理的アクセスを考慮したテストです。

  3. ブラインドテスト: このテストでは、セキュリティチームにはテストの詳細が知らされず、実際の攻撃シナリオを再現します。企業の実際の対応能力を試験するのに適しています。

これらのテストの選択は、企業のセキュリティポリシーやリスク評価、そして予算に基づいて行われます。各テストの目的や内容を理解することで、価格やその価値の違いも明確になってきます。




ペネトレーションテストの価格相場
ペネトレーションテストの価格相場

3. ペネトレーションテストの価格相場

ペネトレーションテストの価格は、実施するテストの種類や範囲、使用するツールや技術、テストを行う企業によって大きく変動しますが、おおよそ300万円〜1000万円程度となることが多いです。


基本的な価格帯

外部テストの場合、価格は比較的低めで、100万円から300万円の範囲となることが多いです。一方、内部テストやブラインドテストは、テストの深度や範囲に応じて価格が上昇し、300万円から1000万円の範囲となることも少なくありません。


価格に影響する要因

ペネトレーションテストの価格は、以下の要因によって大きく影響を受けます。

  1. テストの範囲: ターゲットとなるシステムやアプリケーションの数や複雑さ

  2. テストの深度: 表面的な脆弱性検査から、深く掘り下げた詳細なテストまでの範囲

  3. 使用するツールや技術: 自動化ツールの使用のみや、手動での詳細な検査が含まれるか

  4. ベンダーの実績や専門性: 高い評価や実績を持つベンダーは、それに応じた価格を設定することが多い

ペネトレーションテストの真の価値やその効果を理解することが、企業のセキュリティ対策を進める上で不可欠です。




隠れたコスト: 予期せぬ出費を避けるために
隠れたコスト: 予期せぬ出費を避けるために

4. 隠れたコスト: 予期せぬ出費を避けるために

ペネトレーションテストの初期の見積もりが与えられたとしても、プロジェクトが進行する中で追加の費用が発生することがあります。これらの「隠れたコスト」を事前に知ることで、予期せぬ出費を避け、プロジェクトをスムーズに進行させることができます。


追加の脆弱性検査

テストが進行する中で、新たなシステムやアプリケーションの脆弱性が発見されることがあります。これらの脆弱性を検査するための追加費用が発生することが考えられます。


報告と対策の提案

テスト終了後、詳細な報告や脆弱性に対する対策の提案が必要となります。これらのサービスは、初期の見積もりに含まれていない場合があり、追加の費用が発生する可能性があります。


再テスト

脆弱性の修正後、再度テストを行うことで、修正が適切に行われているかを確認することが重要です。しかし、この再テストの費用は、初期の見積もりには含まれていないことが多いです。


継続的なサポート

ペネトレーションテストは一度きりのものではありません。継続的なセキュリティの確保のためには、定期的なテストやサポートが必要となります。このような継続的なサービスに対する費用も、事前に確認しておくことが重要です。

隠れたコストを避けるためには、契約を結ぶ前に詳細なサービス内容や料金体系をしっかりと確認し、ベンダーとのコミュニケーションを密に取ることが不可欠です。




5. ペネトレーションテストの価値

ペネトレーションテストには確かに費用がかかりますが、その投資に対するリターンや、長期的なビジネスへの影響を考えると、その価値は計り知れません。


投資対効果 (ROI)

ペネトレーションテストの最大の価値は、未然にセキュリティインシデントを防ぐことにあります。データ漏洩やシステムダウンなどのインシデントが発生した場合、その復旧費用や、企業のブランドや評価へのダメージは莫大です。ペネトレーションテストにより、これらのリスクを大幅に低減することができます。


セキュリティブリーチのコストと比較

一つのセキュリティブリーチが企業にもたらす損失は、ペネトレーションテストの費用と比べてはるかに高額です。顧客データの漏洩やシステムの停止、さらには法的な問題や罰金など、多くのコストが発生します。これらのリスクを回避するための投資として、ペネトレーションテストの費用は十分に納得できるものと言えるでしょう。


ビジネスとしての信頼性の向上

ペネトレーションテストを定期的に実施し、その結果を公開することは、顧客や取引先に対して企業のセキュリティへの取り組みを示す良い方法です。これにより、企業の信頼性やブランド価値を向上させることができます。

ペネトレーションテストの価値は、単なるテストの結果や数字に留まらず、ビジネスの持続可能性や成長に対する深い影響を持っています。そのため、費用を考慮する際には、このような長期的な視点を持つことが重要です。




7. まとめ

サイバーセキュリティは、今日のデジタル化されたビジネス環境において、企業の成長と持続可能性を支える基盤となっています。ペネトレーションテストはその中でも、実際のリスクを明らかにし、適切な対策を講じるための重要なツールとして位置づけられています。

本記事を通じて、ペネトレーションテストの基本から価格相場、その価値、そして選択時の注意点まで、幅広い情報を提供しました。価格だけでなく、テストの真の価値や、その後のサポート体制など、総合的な視点でベンダー選びやテストの範囲を決定することが、長期的なセキュリティの強化に繋がります。

最後に、ペネトレーションテストは一度行うだけで終わりではありません。定期的な実施と、その結果に基づく対策の更新が必要です。企業のビジネス環境や技術が進化する中で、セキュリティ対策も進化し続けることが重要です。




ペネトレーションテストならシースリーレーヴ 


ペネトレーションテストの会社をお探しの方は、ぜひシースリーレーヴ株式会社までお問い合わせください。

シースリーレーヴ株式会社

ペネトレーションテストレポート例




弊社では、海外で活躍するホワイトハッカー集団「Nulit・ナルト」によるペネトレーションテストを60万円〜の低価格で提供可能です。


ペネトレーションテスト料金

さらに毎月定期的に侵入テストを実施したり、ホワイトハッカーのロゴをサイトに掲載したりすることで、サイバー攻撃の予防を高めることができます。


また自社でのセキュリティ対策が難しい場合は、ホワイトハッカーおよびエンジニアが開発を行うことも可能です。


これまでに大手企業様や、上場企業様など、数多くのペネトレーションテスト実績を持っております。

セキュリティ面に関するお悩みをお持ちの方は、まずはぜひ一度ご相談ください。


ペネトレーションに関するお問い合わせはこちら

ペネトレーションテスト概要資料ダウンロードはこちら



ペネトレーションテスト資料ダウンロードバナー
最新記事
bottom of page